歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)って費用が高いの?

リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)って費用が高いの?

リンガル矯正(舌側矯正・裏側矯正)って費用が高いの?

表側の矯正は目立つから嫌」という人にオススメしたいのが、リンガル矯正という方法。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、歯の裏側に装置を付けることなんです。

これがどんな矯正方法なのか、お話しますね。

リンガル矯正って?

リンガル(lingual)とは、「舌側」という意味。
しかし、リンガル矯正ではピンと来ない人が多いせいか、一般的には舌側矯正・裏側矯正と呼ばれています。

従来の矯正では歯の表面に装置を付けるため、「矯正をしている」ということが丸わかりになってしまいました。
このリンガル矯正なら装置を裏側に付けるため、他人に装置を見られることはまずないといっていいでしょう。

リンガル矯正 体験



矯正方法は表側と同じで、ワイヤーを使って歯を動かしていきます。
ただ費用はちょっとお高めで、約100万円くらいが平均的な価格帯になっていると思います。

表側の矯正より高度な技術を必要とするリンガル矯正。
治療を受ける前に、メリットとデメリットがあることを頭に入れておいてくださいね。


リンガル矯正のメリット

【目立たないで済む】
先程も述べたとおり、人の目につかないことが最大のメリットだと思います。
接客業などでは、表側での矯正が禁止されているところもあるらしく、裏側で矯正する人も多い模様。

この頃では芸能人も、リンガル矯正で歯並びを治していたりするんですよ。
マツコ・デラックスさんや、本田翼さんもこの方法で矯正中のようです。

【虫歯のリスクが低い】
裏側に装置があることで、歯磨きのしにくさはあるものの、実は虫歯になりにくいんだそうです。
その理由は、裏側は唾液の量が多いから。

もともと歯の裏側は、表側よりエナメル質が厚いため虫歯になりにくいんですって。

リンガル矯正 虫歯


なので、裏側に装置を付けたほうが虫歯予防になるんだとか。

もちろん、きちんと歯磨きをするという前提つきですよ!

【後戻りのリスクが減る】
装置を外した後、一番悩むのが後戻り。
後戻りの原因は舌癖の場合が多いのですが、裏側に装置をつけた場合、それを改善する効果があります。

本来下は、上の前歯の後ろにあるくぼみに収まるようになっているんです。

リンガル矯正 後戻り


歯の裏側に装置をつけることによって、自然とそこに舌が収まるようになり、舌で歯を押すということが減っていくんだそう。舌癖も矯正できるなんて、一石二鳥ですね。


リンガル矯正のデメリット

【発音がおかしくなる】
これは、装置が舌に触れているために起こります。
慣れないうちは発音しにくい音があって、会話に支障をきたすこともありますが、1ヶ月もあれば慣れるのでご安心を。それでもやはり、聞き取りにくい発音もあるようです。

【食べ物が食べづらい】
表側矯正でも食べづらさはありますが、裏側矯正のほうがそれが顕著です。

リンガル矯正 食べ物


私の友人は「お昼にラーメン食べたらさ、麺はからまるし、ネギは挟まるしで大変だったよ…」と嘆いていました。歯磨きをすれば解決しますが、できない場面ではちょっと大変かもしれませんね。

【歯磨きが大変】
表側なら装置の様子が分かりますが、裏側ではちょっと分かりにくいですよね。
なので、口腔内を見る鏡を使ったり、フロスや歯間ブラシで丁寧に清掃していくことが大切になってきます。


まとめ

目立ちにくいリンガル矯正ですが、適用されない症例もあります。

参考:効果的な歯列拡大と床矯正の限界

場合によっては表側と併用して矯正を進めることもあるので、事前にしっかりお話を聞いておきたいですね。

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者