歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


抜かない矯正治療のメリット・デメリットとは?

抜かない矯正治療のメリット・デメリットとは?

抜かない矯正治療のメリット・デメリットとは?

矯正をするにあたって、抜歯はつきもの…。

でも、大事な歯はできるだけ抜きたくないですよね。
というわけで今回は、非抜歯矯正のメリットとデメリットについてお話します。

◎非抜歯矯正って?

成人になってからの矯正の場合、多くの人は上下左右4番の小臼歯を抜くことになると思います。

これは歯が入るスペースを作るため。
デコボコになっている歯を正しい列に入れるには、思ったよりも多くのスペースが必要です。

それを作るため、なくても比較的問題のない4番の小臼歯を抜くというわけ。
非抜歯矯正は親知らず以外の本来必要な歯を抜かないことが特徴といえます。

◎非抜歯矯正の種類

ただ非抜歯矯正といっても、歯列の状態に応じて用いる方法が違います。
ここでは代表的な手法をいくつか挙げてみますね。

非抜歯矯正の種類



歯を奥に移動する
奥歯の後ろにあるスペースを利用して、歯列全体を後ろに動かしていきます。
これには大きな力が必要となるため、インプラントアンカーを利用することが多いそうです。

  ・歯列を拡大する
歯列拡大装置を使って、歯列の幅を広げていく方法です。
幅を広げることで歯間に隙間ができ、歯が収まるスペースが現れます。

歯を削って隙間を作る(ストリッピング)
歯のごく表面のエナメル質部分を削り、スペースを作っていきます。
削るのは1本につき0.5mmほど。

これらを組み合わせたりして、美しい歯列を目指していきます。

◎非抜歯矯正のメリット

非抜歯矯正の特徴は、やはり歯を抜かなくて済むので痛みが無いということでしょう。
なるべく自分の歯を温存しておきたいという人が大半だと思うので、そのメリットはかなり大きいかと。

非抜歯矯正のメリット

また、歯を動かす距離が少ないので、矯正期間が短くて済むというメリットもあります。

参考:抜歯しない埋伏歯の矯正歯科治療

ただ現実的には非抜歯矯正で対応できるケースのほうが少ないです。私自身も非抜歯矯正を行っている矯正歯科に行きましたが、結果的に親知らずも含めて6本も抜いていますから・・・(苦笑)

こればっかりは個人の希望より歯並びの状態が優先なので、「非抜歯矯正にして下さい!」と言っても、「この状態だと無理です」と言われてしまう可能性も十分あります。

◎非抜歯矯正のデメリット

私も最初は非抜歯矯正を希望していたのですが、「歯を揃えるスペースがないので、あまり合理的ではないかな。出っ歯になる可能性もあるし。」という医師の言葉で断念…。

非抜歯矯正最大のデメリットは、口元が出てしまう可能性が高いということ。

非抜歯矯正 出っ歯

歯を抜かないので十分なスペースが確保できず、収まりきらなかった歯(前歯が多いそうです)が前に出てしまうのだとか。

いわゆる出っ歯ですね。

結果的にそうなってしまった場合、歯を抜いて再度矯正し直す場合もあり、当然治療期間も伸びてしまいます。
また顎を拡大する装置を使用することが多く、それによる不快感や話しづらさなどによる精神的負担も出てきてしまいます。

◎非抜歯矯正を行うには

とても魅力的な非抜歯矯正ですが、実は適応症例が限られているんです。
私もこれに当てはまってしまい抜歯矯正にしたのですが、これから矯正する方の参考になればと思いリストアップしておきました。

・不正咬合の度合いが軽い
・歯が極端にデコボコしていない
・顎が十分に発達している
・歯周組織が健康である

抜歯しないで済む矯正

抜歯矯正、非抜歯矯正、どちらにもメリット・デメリットは存在します。
しかし、理想の歯並びを手に入れるためには、自分が納得できる方法を探しだすことが大切だと思います!

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者