歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯の矯正でアレルギーって出ないの?

歯の矯正でアレルギーって出ないの?

歯の矯正でアレルギーって出ないの?

実は、金属アレルギーの人って多いのをご存じですか?
食べ物のアレルギーとは違い、金属アレルギーは、アレルゲンに触れる機会が限られているため、気づかない人が多いそうです。

そんな人が歯科治療や歯列矯正をして、金属アレルギーが発覚することも少なくないんだとか。
ではなぜ金属アレルギーになるのか、説明していこうと思います。

金属アレルギーの原因って?

例えば、そばアレルギーの原因がそばのように金属アレルギーの原因物質は金属です。
何らかの理由で使用した金属から溶け出したイオンが、皮膚や粘膜を通して血液中に入り、全身に運ばれていきます。

この金属イオンはタンパク質と結合して、本来は体にないタンパク質に変化。
このタンパク質を排除しようと免疫細胞が反応し、アレルギーが起こってしまうんです。

インプラントなんて思いっきり金属が歯茎に刺さっていますからね。

矯正 金属アレルギー



金属アレルギーの主な原因物質はニッケルやクロム、コバルトなど、歯科治療でもよく使われる金属だったりします。

それなので、自分がアレルギーだということを知らずに治療を受け、アレルギー症状が起きてしまうことが多いんですね。

金属アレルギーだと矯正できないの?

いえいえ、そんなことはありません。
自分がどのタイプの金属アレルギーかを知ることで、矯正装置に使う金属の素材を選択することが可能になります。

なので金属アレルギーの心配のある人は、まずそちらの検査も行ったほうがいいかもしれません。
私自身は別に金属アレルギーと言うわけじゃないんですけど、やっぱり最初に装置をつけた時は若干、口の中が違和感ありましたね。

矯正 装置 違和感


2、3日はちょっと口が荒れるというか、変な感覚がありました。
でも口の中の違和感があっただけで、次第にそれは慣れて口が荒れる事も、口内炎がなることもなくなりました。

金属アレルギーでもできる矯正って?

現在は矯正装置も様々ですが、ここでは主流の3つの装置についてお話しますね。

【セラミックブラケットを使用】
金属のブラケットではなく、セラミック(陶器)のブラケットを使う方法です。
ブラケットに対して金属アレルギーの心配はありませんが、ワイヤーは金属を使うので注意が必要です。

矯正 セラミックブラケット


しかし、ステンレスのワイヤーや、アレルギーの出にくい金メッキが施されたワイヤーもあるので、状況に合わせて使い分けられます。

【マウスピースを使用】
透明なマウスピースを使用する方法。
ポリウレタン製なので、金属アレルギーが起きることはありません。

矯正 マウスピース


見た目にも目立ちにくく、メリットだらけに見えますが、使用できる症例が限られています。

【インコグニートを使用】
あまり聞き慣れない方法かもしれませんが、実はとっても万能なんです!
インコグニートは、装置の素材に金合金を使用している裏側矯正です。

矯正 インコグニート


薄く作られているため発音障害も少なく3Dスキャンによる正確な位置決めにより、短期間で効率的に歯を動かすことが可能。

しかし装置はオーダーメイドのため、作るのに時間がかかるのが難点でもあります。

まとめ

こんなふうに、金属アレルギーでも矯正治療は可能です!

参考:やさしくわかる矯正歯科治療

「金属アレルギーだから矯正は無理…」と悩む前に、一度矯正歯科で相談してみてください。

綺麗な歯並びへの道が開けますよ。

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者