歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正が終わるとリテーナーが始まります

歯列矯正が終わるとリテーナーが始まります

歯列矯正が終わって、ホッとしたのもつかの間?リテーナーの期間とは?

ついに4年半を経過して矯正の装置が外れました。
歯の矯正がとりあえず一段落ですが、はっきり言ってこれで終わりというわけではありません。
リテーナをつけて後戻りを阻止する期間が必要になってくるんです。

歯を動かしていた期間と同じぐらいの期間、リテーナーをつけている必要があるので、だいたい2、3年つけているということになりますね。
私の場合は矯正装置をつけている期間が4年半にも及びましたが、さすがにそこまでリテーナーをつけているというわけではなさそうです。

実際どんなものを付けているのか写真に撮ってみました。

歯列矯正 リテーナー 画像



私の場合は2つのリテーナーを渡されました。
透明なプラスチックのような物は歯の下側に付けるタイプ、ワイヤーが付いているリテーナーは上の歯につけるタイプのものです。

これは何気に高くて上が1万5000円、下が5000円と言われました。
「高いものなので、無くさないように注意してくださいね!」と言われました。

下の歯のリテイナーは歯にフィットするので見た目では装着しているのも気づかないぐらいな感じです。
上の歯は装着した歯の内側にピンク色の部分が口内にピタッとくっつく感じになって、最初はちょっと違和感があると思います。

最初は食事以外の時間は全てつけている感じになるので、22時間ぐらいはつけている感じになります。
こういった期間が1年以上も続きます。あとは経過観測をしながら付ける時間を減らしても良いかという相談になってくると思います。

ちなみにリテーナーを付けているときはこんな感じです。

歯列矯正 リテーナー 写真

下の歯はリテーナーを付けていることに周りが気づかないぐらいだと思います。それぐらい自然な感じ。

私の場合は1年半経っても、相変わらず「上のリテーナーはご飯と歯磨き以外の時間はつけてください」と言われています。
逆に下の歯は隙間もなく固定されているみたいで、「12時間ぐらい付けておけば大丈夫です」と言われています。

だんだんとリテーナーを装着する時間が減っていって、最終的に取り外せるということになります。
今までの装置と比べると自分で簡単に取り外しができるので、気楽さはかなりあります。

ただ食事の時に外すというのが日常茶飯事なので、外食した時でテーブルの上に置いて忘れないように注意したいところです。

ちなみにおすすめはファミレスなどにある紙ナプキンが包みやすくていいですね。
外したばかりは唾液がついているので、ティッシュだとくっついてしまう可能性があるので注意したいところです。

そしてこのリテーナーをケアをする方法なんですけど、おじいちゃんとかが使っているこういった入れ歯洗浄剤が良いということを勧められて購入しました。

歯列矯正 リテーナー 洗浄

最初に歯科医さんに1袋分だけ洗浄剤を渡されるんですけど、結局は何年も掃除しなきゃいけなくなるので、その分は自分で購入することになります。

30代で、まさか入れ歯洗浄剤を購入することになるとは思いませんでした(笑)

心配された後戻りは一切無いです。
一回、下のリテーナーを4日ほどさぼってしまったことがあるんですが、それでも久しぶりに装着したらカポっとハマりました。

その時はちょっときつくなる感覚がありましたね。みなさんはサボらないようにしてくださいね。

関連ページ:歯列矯正よくある質問に答えてみました

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者