歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


短期間の治療で済ます方法とは?

短期間の治療で済ます方法とは?

短期間の治療で済ます方法とは?

短期間の治療で済ます方法はあるのか

矯正治療といえば、痛い、高い、長いという印象ですよね。
歯並びは悪いけど、「結婚式までに綺麗にしたい!」とか、「就活までには何とか治したい…」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな人にオススメできるのが、スピード矯正です。

◎スピード矯正ってなに?

スピード矯正とは、その名の通り短期間で歯列矯正をすることです。
通常、大人の歯列矯正では、最低でも2年くらいの期間が必要になります。

スピード矯正



しかしこの方法なら、最短で6ヶ月ほどで矯正を終了できてしまうんだから素晴らしい!
クリニックに行く時間が取りづらかったり、矯正装置を長く付けていたくない人には最適の矯正方法だと思います。

◎どんなやり方なの?

私の通っているクリニックではスピード矯正を行っていないのですが、以前相談に行ったところで説明を受けたのでまとめてみました。

【インプラント矯正】

歯茎にインプラントアンカー(ネジのようなもの)を打ち込んで、ワイヤーに掛かる力を強め、歯の動きを助けます。
通常の矯正よりもパワーがあるので、動きにくい歯も楽に動かすことが可能になります。

インプラント矯正



 

【セルフライゲーティングブラケット】

代表的なものに、デーモンシステムやクリッピーがありますね。
従来のブラケットは、ワイヤーをゴムや細いワイヤーで縛るため、歯に強い力がかかります。

強いほうがよく動くんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは最初だけなんだそうです。
ある程度動くと、他の歯が干渉して動きが鈍くなってしまうんだとか。

しかし、このセルフライゲーティングブラケットは、ブラケットにワイヤーを縛りつけません。
ブラケットにシャッターがついていて、ワイヤーをスムーズに動かせるんだとか。

そのため、摩擦が減って、歯にかかる力が弱くなり、継続的に歯を動かすことができるみたいです。

セルフライゲーティングブラケット



 

【コルチコトミー】

ちょっと聞き慣れない方法ですが、コルチコトミーとは歯槽骨皮質骨切除術とも呼ばれています。
顎の骨を一部切除し、歯を支えている骨に切り込みを入れ、歯が動くのを助けます。

これにより、矯正装置の効果を最大限に活かすことができるんだそうです。
しかし、誰にでもできるというわけではなく、歯や歯肉のコンディションが大事。

ある程度年齢の高い人に効果的な方法です。
また、後戻りも軽減されるため、ハードルが高い以外は大人の矯正に最適なのではないでしょうか?

コルチコトミー


◎いくらくらいかかる?

矯正期間が短くなるのは分かったけど、次の問題は費用だよ…」と、気になる方も多いと思います。
残念ながら、期間が短いからといって、矯正費用が安いというわけではないんですね。

むしろ通常の矯正より高額になってしまうようですが、更に高度な技術が必要らしいので仕方ないかと…。
さて、私が相談に行ったクリニックでは、表側のスピード矯正で80万円、裏側で120万円と言われました。

矯正費用が安い

通常の矯正が60万円だったので、表側ならアリな金額かな?と思ってしまいました。

◎まとめ

魅力たっぷりのスピード矯正。
通える範囲で行っているクリニックがあるなら、ぜひこれを選びたいですね。

参考:完璧な歯並びを6カ月で手に入れる

ただ、注意すべき点もあります。
それは「スピード矯正」と謳っていても、矯正装置は使わず、セラミックの人工歯を被せるだけのところもあるようです。

スピード矯正

いわゆる差し歯なので、「矯正」とは違ってきちゃいますよね…。
ネットなどの情報では判断できず、高額なお金が関わってくる問題です。自分でしっかり情報を判断して、納得のいく方法で矯正を行ったほうがよさそうです。

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者