歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正のゴムかけって痛いの?

歯列矯正のゴムかけって痛いの?

歯列矯正のゴムかけって痛いの?

歯列矯正関係のブログや体験記を読んでいると、「ゴムかけ」という単語を目にしますよね。
それだけでは、「ゴム?輪ゴム?どこにかけるの?」と思ってしまうかもしれません。

実は私も、そんな感じのことを思っていましたから…。
というわけで、今回は矯正の疑問「ゴムかけ」についてお話していきますね。

ゴムかけって何?

矯正を始めたからといって、すぐにゴムかけをするわけではありません。
「じゃあいつやるの?」というと、矯正治療も後半戦に入ったころが一般的かと思います。

正確には、「ゴムかけが始まればゴールが見えてきたしるし」かもしれませんね。
このゴムかけにどんな効果があるのかというと、「噛み合わせを整えるため」です。

ブラケットは歯を左右に動かすことはできても、上下の調整ができないんだそうです。
なのでブラケットで歯列を綺麗に整えた後、エラスティックという小さな輪ゴムを使って噛み合わせの調節をしていくんです。

ゴムを上の歯と下の歯に引っ掛けて(動かす方向によって向きが違います)、お互いが引っ張り合う性質を利用するんですね。

矯正 ブラケット装置 ゴムかけ



さて、ゴムの付け方ですが、この時点でブラケットにフックが付けられるので、そこに専用の器具を使ってゴムをかけていきます。

これだけ聞くと「難しそう…」と思うかもしれませんが、ポイントを掴めばチャッチャと装着できるのでご安心を。

そして噛み合わせが下記の写真のように合ってきます。

矯正 写真ゴムかけ


ゴムかけは一般的にだいたい3ヶ月〜半年くらい続くのが目安らしいです。


私のゴムかけ体験談

でも私はこのゴムがめちゃくちゃイヤだったので、あえてゴムを二重にして、「早く動いてくれ!」という感じでエラスティックゴムをつけていました。(この付け方はたぶん先生にバレたら怒られるけど・・・笑)

それでわずか2ヶ月でゴムを外すことができました。
ご飯のときに外して、歯磨きのときに外して、寝るときに外して・・・・。

はっきりいって矯正生活で一番うざかったものかも。
アラサーで矯正を始めた私ですが、ゴムかけはイヤイヤ体験した感じでしたね。 率直な感想は、「面倒くさい!」の一言です。

矯正 私のゴムかけ体験談


他の人のゴムかけ体験を読んだりしていると、「痛い」という言葉が目立ちました。
私がニブいからかもしれないのですが、、痛みはあまり感じませんでしたね。

装置を付ける前の青ゴムでもあまり痛くなかったので、そういう人なら大丈夫かもしれません。
それよりも、食事の度にゴムを外し、歯磨きが終わったらまた付けて…というのが、非常に面倒でした。

職場でお菓子を貰って食べることも多かったのですが、あまり断れないのでその度にコソッと外してみたり…。
「間食はしないよ!」という人なら、あまり面倒ではないと思います。

ゴムかけをしているときの注意点は、

・ゴムを常に持ち歩くこと。いつ切れるか分かりません
・大口で笑わないこと→ゴムが切れます!
・指示された通りに装着すること。ちゃんとやらないとバレるので怒られちゃいます
・ゴムは毎日取り替える→伸びてしまったり、ニオイの原因に…

…と、このあたりでしょうか。

エラスティック ゴムかけ


私はゴムかけ終了してから割りとすぐにブラケットオフとなりました。
このゴムかけ期間は長い人だと半年ほど続くみたいです。

ゴムの強さやかけ方を変えていき、噛み合わせの改善が実感できたときは本当に嬉しかったです!
ちょっと辛い期間かもしれませんが、ようやく見えてきたゴールはすぐそこです。

参考:知っておけば後悔しない歯科矯正のウソとホント

ブラケットオフのその日まで、頑張っていきましょう!
ツルツルの歯でニッコリ笑える喜びが待ってますよ♪

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者