歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正をスタートするにあたって

歯列矯正 始める

歯列矯正がスタートすると、どんな治療から始まるの?

まず最初はカウンセリング

最初の治療なんですが、大体のところではまずカウンセリングを行うことになるかと思います。
私が通っているところは、最近ホームページを見たらカウンセリング料金で3000円の設定になっていました。

確か私が通い始めた時にはそのような料金設定はなかった気がしましたが。
ひょっとしたら、患者さんがかなり来るようになったので料金を取るようにしたのかもしれません。

カウンセリングの時は大体の費用や治療期間、治療の内容についての説明になると思います。

歯列矯正 カウンセリング



いきなりレントゲンを撮ったり、歯をチェックしたりということはなかなかしません。実際に治療することになってからそのような検査はすることになります。

無料カウンセリングのほうが気軽で良いですが、逆に言うとそうでもしないと患者さんが来ないのかもしれませんね。

私が通っているところはカウンセリング代が3000円になりますが、実際に治療することになるとそのカウンセリング代を治療費に回すことができるので、実質的には無料みたいなもんです。

相談だけしてやっぱり治療を受けない、という人をなるべく排除したいのかもしれません。
私は話だけ聞いてやめようというつもりはなかったので、そこで色々と治療について説明を聞いてレントゲン撮影と写真撮影もお願いしました。

次の来院は撮影!

カウンセリングが終わってから、また別の日にレントゲン撮影と写真撮影、そして歯型の採取です。
私のこの写真も初期段階で撮影したものです。普通にカメラを使って口の中の写真や顔全体の写真を撮影していきました。

専用の器具を使って口の中を大きく開くようにして写真撮影をしていきます。
他にもレントゲン検査をやったり、歯型の撮影もしていきます。ちなみに虫歯がもしある場合は、虫歯を治してから治療した方が良いのでそういった方法勧めるところが多いと思います。

歯列矯正 レントゲン

虫歯の場所によっては装置をつけたまま治療もできると思いますが、部位によっては装置が邪魔になってしまうケースもあるので一旦装置を外して、それから虫歯を治しに歯医者に行くので、装置を外している間、ランクができるので後戻りの可能性があります。

なので大体は矯正前に虫歯を完全に治療することを勧める歯科が多いと思います。

そして、矯正を始めるときには歯型も取ります。
歯型を取って、口の大きさに見合ったマウスピースの作成や舌側矯正装置の作成などをしていきます。

私の場合は歯の外側に装置を装着するマルチブラケットの装置をつけることになりました。
それ以外では、ブラッシングの説明、装置を装着する時のチェックポイントなどを教えてくれたりします。(この辺りは実際に装置を付けてからの説明になることが多いです。)

初回通院時にいきなり装置がつけられるというわけではなく、歯型を取ったりなどの下準備という感じですね。
歯型を取って、次の治療になるのはちょっといつだか忘れちゃいましたが、だいたい3週間後ぐらいが多いと思います。

参考:抜かない矯正の最新知識 短期非抜歯矯正からマウスピ-ス矯正まで

歯列矯正 歯型

私の場合は虫歯があったので、まずは普通の歯医者さんに行って虫歯を治療してから改めて予約を取る形になりました。

人によって歯の形や歯並び、そしてアゴの形などが違うのでけっこう診断結果が出るまで時間がかかります。
私のところでは1ヶ月近く診断結果がかかりました。その写真を元に、どういった治療が良いかというのを先生が提案する形になります。

カウンセリングの時にも大まかな見積もりは出してくるんですけど、やっぱり歯の並びが一人一人違うのでレントゲン撮影などをしてから細かな治療費がようやくそこで出ます。

歯列矯正 総額

だいたいのところは、この段階で契約をするかどうか決めることになるはずです。

私の場合は総額が86万円ぐらいだったのですけど、半分をまず普通に現金でそのまま支払って、残りを分割という方法にしました。
歯科によって支払方法はいろいろ選べると思います。

関連ページ:歯列矯正を始めて1ヶ月目の様子とは!?

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者