歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正の期間について

歯列矯正の期間について

歯列矯正の期間は個人差がありすぎです・・・。

私の場合は4年半でした

私自身、歯列矯正については2年から2年半ぐらいを想定していました。
先生に聞いた時も、「それぐらいは掛かりそう」と言われたので、そのぐらいの期間を想定していたら、なんと倍の期間かかってしまうことに!

結果的に4年半も装置をつけることになりました。
私の写真を見てもらうとわかりますが、ガタガタを通り越してと隣の歯が見えないぐらい内側にずれてしまっているので、かなり移動する時間がかかったと思われます。

歯列矯正 4年半

下の歯はそうでもないんですけど、上の歯は全く違う部分から生えてきてしまっているところがあったので、移動距離にして言うと1センチ弱ぐらいは移動が必要だったと思います。

これが内側から撮影した写真です。

歯列矯正 写真

分かりやすく色別で移動する方向と示してみました。
抜歯した部分に黄緑の歯を移動して、その開いたスペースに赤の歯を移動するイメージです。

移動距離があっていかにも時間が掛かりそうですね・・・。
それにプラスして年齢で30代になっていたというのも多少なりとも影響があったみたいです。

若ければ若いほど、まだ口の筋肉が発達して歯茎も形成されている段階なので歯が動きやすいみたいです。



私のように凝り固まってしまった歯茎だと歯が動きにくいみたいでした・・・。
そして、個人的な感想としては、ある程度は歯が動くんですけど最後の歯と歯の隙間というのがなかなか埋まらないんですよ。

歯と歯の間が1ミリや2ミリ程度開いているなんていう場所が結構あったりして、それがなかなか埋まらない時間が長かったという感じですね。

正直に言えば、リテーナを使用している今の段階でも、完璧に歯の隙間が埋まったという感じではありません。
糸ようじが全然入らないような場所もあれば、糸ようじが簡単にあっさり入ってしまうような場所もあるので、多少の歯間のばらつきは仕方ないのかなと割り切っています。

感覚的に「ここの歯間は0.3ミリだけ開いているな〜」とかそんな感じですけどね。

ただ最終的にはここまでキレイに並びました。

歯列矯正 完了

見た目でいかにも「歯の隙間がある」と言うほど開いているわけではないのでそれは気にしなくていいレベルかもしれません。

私のように上の歯で八重歯の隣の歯がかなりずれている人は、結構時間がかかるんじゃないかなと思います。
若い人でも3年ぐらい、私のように結構歳がいってしまっている人は4年ぐらいかかる可能性もあると思いますよ。


この方は2年6ヶ月

私だけの症例では、いまいち参考にならない人もいると思うのでもうちょっと調べてみました。
そこにとても参考になりそうな動画があったのでご紹介します。年齢と矯正期間を示している動画がありました。

この方は18歳で矯正を始めた女性の方。

歯列矯正 治療期間 2年6ヶ月

治療期間は「2年6ヶ月」と記載されていました。
私より明らかに歯並びが良い状態からのスタートなので、こういった方だとやっぱり治療期間が短いみたいですね。

「ほとんど微調整で済むんじゃないの?」というぐらいしかずれていないので、このような短い期間で済んだんじゃないかなと思います。
説明の文章には、「かなり高度なボコボコ」と書いてありますけど、私にとってみれば「全然綺麗じゃん!」という感じですけどね(笑)

ただ下の歯のバランスが悪いので、多少時間が掛かったのかもしれませんね。
治療費はかかれてませんでしたが、こちらの矯正歯科の治療費を見ると、永久歯が生えそろった後は65〜80万円と書かれていました。

2年6ヶ月でもこの値段、4年半の私は86万でしたから価格的に良心的だったのかなと今になって思っています。


1年3ヶ月という短期間で完了した方も!

そしてさらに調べていると、非常に衝撃を受けた歯列矯正の方がいました。
なんと治療期間が1年3ヶ月で終わったという方。

この方は22歳の女性の方でした。

歯列矯正 治療期間が1年3ヶ月

私と似たような歯並びで八重歯の隣の歯が内側に隠れていますね。

それでこの短い期間はかなり驚きです。
異様に短い期間で治療が完了しているので良く調べてみたら、矯正用インプラントを利用していることがわかりました。

矯正用インプラントとは簡単に言えば、チタン製のスクリューやプレートを歯茎の骨などに固定して歯を移動させる方法です。

参考:インプラントのための再生療法

はっきり言って歯茎にぶっさすので、めちゃくちゃ怖いですね・・・。

歯列矯正 矯正用インプラント

15分ぐらい麻酔をして治療するパターンが多いみたいです。ただこの方法は最終的にインプラントを取り除く必要があるので、治療後に再び麻酔をして抜く必要があります。

また稀にインプラントが折れてしまうことがあるんだとか。
麻酔も何もしていない時にポキっと折れてしまうと、かなり痛みが走るかもしれませんね。

短期での治療に向いている方法ですが、インプラントの治療で事故が起こったこともあるので、慎重を期する必要がありそうです。

私は情報としてインプランでの治療も知っていましたが、怖くてやろうと思いませんでした・・・。(この方は21歳の女性・・・、私は30手前のおじさんでしたが、怖くて治療法から外しました。笑)

見た目ほど時間が掛からないで、短期の治療で済んだ原因はインプラントだったようですね。

あと短期間の理由はやっぱり年齢もあったと思います。
若いうちに矯正したほうが歯が動くのかなとつくづく感じます。


この方も歯の本数を見ると、上の歯が2本減っているので、おそらく私と同じような抜歯を行ったのではないかと思います。

関連ページ:歯列矯正の費用について

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者