歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正の費用について

歯列矯正の費用について

歯列矯正の費用は相場はどのくらいなの?

料金に関しては、はっきり言って個人差があります。
もちろん矯正歯科によっても料金がバラバラなので、いくつかの候補の矯正歯科の価格を比較して決めるのが良いかと思います。

初診料が別途料金になっているところ、治療費と検査診断料が別料金に設定されているところ、調整費が別料金になっているところなど様々です。

大まかな個別料金の相場をご紹介したいと思います。

項目内容費用

相談やカウンセリング料

歯の状態の確認や治療方法、矯正歯科の治療の流れの説明など。

無料〜1万円程度

検査料

頭部のレントゲン、歯のレントゲン、口腔内写真撮影、歯型の模型作製、個人データ入力など。

3万円〜5万円

治療費

矯正装置装着、固定装置(リテーナー)の作成、装置調整

60万円〜90万円



上記は、どの矯正歯科でもだいたい必要なものとして発生する費用になります。
これにプラスして、人によっては裏側矯正費用、インプラント費用、額関節固定スプリントなどが発生するケースがあります。

あと、気をつけたいのが処置料

矯正歯科によって発生するもので、矯正の通院時に毎回料金が発生する費用です。

矯正の通院時に毎回料金が発生する費用



通院ごとに3000円から5000円支払うところもあります。
私の経験上、この処置料が無いところを選んだ方が絶対に良いです!

通院のたびにお金がかさむのは、のちのち想定していたものよりも明らかに高くなってしまう可能性が高いので絶対にやめたほうがよいです。

例えば、毎回3000円の処置料を支払うとします。
少なくとも2年間は通うことになる人が多いと思いますから、1ヶ月に1回通ったとして合計24回、つまり7万2000円が追加料金みたいな感じで必要になります。

これは3000円で2年間という換算ですから、実際はもっと期間が延びたり、1回あたりの料金が高いという場合は軽々10万円以上超えてしまいます。

いつ終わるかわからないものに毎回お金を支払うというのは、段々と不信感が募ってくる原因にもなってしまいます。
ですから最初から料金がいくらと決まっている矯正歯科を選んだ方が良いと思いますよ。

参考:矯正歯科トラブルの法則

矯正治療は保険の適用外

矯正治療は保険の適用外なので安くなることはありません。
顎の骨が元々変形していたり、先天的な症状の場合は矯正治療で保険が適用されることがあるんですけど、ほとんどの人は残念ながら適用されないので高額な治療になってしまうというのは、心得ていた方が良いと思います。

また矯正治療は医療費控除も対象となります。

上記、色々とご紹介してきましたがはっきり言って、個別の料金を見比べるよりも総額で結果的にいくらになるのかを調べた方が良いと思います。

私が色々と見比べてみた感覚では総額が70万円から85万円ぐらいだったら妥当かなと思います。
それ以上高くなると、相場よりちょっと高いかなという感じがしますね。

ちなみに私自身の総額の費用は86万1000円でした。

歯列矯正 総額の費用

私の感覚では値切るとか、そういう話し合いは難しいと思います。
やっぱり医療関係の費用は、車を買うのとは違って値切り交渉みたいのが無いですからね。

総額で60万円から70万円程度でやってくれるところもあると思いますが、値段よりも安心感があるかどうかを重視したほうがいいかなと個人的に思いました。

ちなみにこれはと大人の矯正料金です。
子供に関しては永久歯が完全に生え揃っていない段階の治療になると、治療費が大体半分近く安くになります。

総額でいうと50万円ぐらいになるケースが多いです。
人によっては1本だけ歯が飛び出ていたり、内側に引っ込んでいて、その部分だけ直してほしいという要望もあるみたいです。

そういう時は部分矯正が適用されて20万円前後で済むケースもあります。

歯列矯正 子供 費用

ただ、1本だけ直しても全体の歪みが直せないと判断された場合、全体的な矯正が必要になるので部分矯正の料金では済まないケースがあるみたいですよ。

関連ページ:歯列矯正までの準備・必要なこととは


腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者