歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


歯列矯正3ヶ月目の変化はどんな感じなの?

歯列矯正3ヶ月目の変化はどんな感じなの?

歯列矯正3ヶ月目でもおじさんの歯はあまり動かない・・・?

矯正装置が付かない歯があるケースも!

矯正後3ヶ月ですが、まだまだ歯はほとんど動きません。
矯正の装置というと、下記の写真のように1本1本の歯に対して装置が装着され、歯並びを調節するといったイメージがあると思います。

歯列矯正 3ヶ月目


でもこのように全部の歯に装置が付くまでは半年、または1年近くかかります。早い人でも半年程度といった感じなので、私はまだぜんぜんでした。

3ヶ月の期間では、まだ移動に時間をかける必要があって、装置が装着されてない歯もあったりします。

私の場合は前歯と八重歯の間の歯がかなり内側にあったので、装置をつけることすらできませんでした・・・。
ある程度、全体の歯が横並びに平行になってこないと装置が装着できないのです。

初期段階では抜歯したところに歯を動かす力を与えることになります。
矯正を始めて3ヶ月ぐらいで歯の状況はこんな感じでした。わかりやすく、緑色の矢印をつけてみました。

歯列矯正 初期段階



歯を抜歯した奥側の空いているスペースに移動させ、ずれている歯を埋めるためのスペースを作る感じです。

この移動が年齢によって、だいぶ速度が違うなという印象があります。
私の場合(30歳手前)は、半年かかってもまだ内側にずれている歯に装置を装着することすらできませんでした。

ちなみに私の奥さん(20代前半)も似たような歯並びだったのですが、半年が経過した時にはすべての歯に装置が装着されていたので、私よりも歯が動きやすかったみたいです。まぁ、私よりも、ズレ加減が軽度だったみたいですが。

ということで3ヶ月の段階ではまだまだ初期段階といえるところです。
空いているスペースに歯を動かすということが主な作業となります。人によって個人差はありますが3ヶ月で3ミリ〜5ミリぐらいの動き幅かなと思います。私は5ミリどころか3ミリも怪しいぐらいでしたが・・・。

参考:効果的な歯列拡大と床矯正の限界

歯列矯正 動く幅 ミリ

私が歯並びを直す時に懸念材料だった抜歯の影響は3ヶ月も経つと全然ありません。
歯を抜いた所の傷口はすっかり埋まっていますし、血が出てくるといったことも、もちろんないです。

ちなみに抜歯のあとに血が止まれなくなるほど出るっていう口コミがあったんですけど、私はほとんど気になることはありませんでした。
舌で抜歯したところをついつい舐めたりして、「血の味がするな・・・。」と思ったぐらいです。

正確には覚えていませんが、1週間もすれば抜歯したところも気にならないぐらいの感覚になりました。(親知らずは1週間ぐらいだとまだまだ違和感があるけど・・・。)

ちなみに矯正をしているときは装置が邪魔ですごい歯磨きがしづらいです。
いつもの倍ぐらいは時間がかかります。

矯正歯科では歯磨きだけではなく、小さなブラシもいくつか配ってくれるのでそれを利用して歯磨きする感じになります。

歯列矯正 歯冠ブラシ

ただ必要以上の数は配ってくれないので、もし汚れてしまったら市販のものを自分で買う感じです。

意外とドラッグストアとかに色々な形状の歯ブラシが売っていて、矯正歯科で配られるような歯間ブラシも売っています。

関連ページ:歯列矯正で半年経つとどんな変化がある?歯の状態とは?

腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者