歯列矯正期間初めて

歯列矯正期間

準備段階
矯正スタート
矯正1ヶ月目
矯正3ヶ月目
矯正半年経過
矯正1年経過
矯正2年経過
矯正3年経過
矯正4年経過
矯正完了(4年半経過)
リテーナー
歯列矯正 よくある質問
地域別歯医者情報


透明のセラミックブラケットで矯正すると高いの??

透明のセラミックブラケットで矯正すると高いの?

透明のセラミックブラケットで矯正すると高いの??

矯正はしたいけど、銀色のブラケットをギラギラさせるのは嫌!
分かります、私も実際にそうでした。

そんな方には、透明(…といっても白色)で目立たない、セラミックブラケットをオススメします。

メタルブラケットと何が違うの?

矯正をする際に歯の表面に取り付ける装置をブラケットと言います(ブランケットじゃないですよ!)。
このブラケットですが、いままでは金属製のメタルブラケットしかありませんでした。

矯正 メタルブラケットと透明のセラミックブラケット



しかし矯正技術の発達により、セラミック製の目立ちにくいブラケットも誕生しました。
ここで、セラミックブラケットの特徴をお話してみようと思います。


セラミックブラケットとは

セラミック(陶器)でできたブラケット。
歯の色に近い白色で、従来のメタルブラケットより目立ちにくいです。


セラミックブラケットのメリット

セラミックブラケットのような透明・白色の装置を、「審美ブラケット」といいます。
その名の通り、審美性が高く、近くで見ても目立ちにくいのが最大のメリットではないでしょうか。

また、白色のワイヤーも併用することで、人にはほとんど気づかれなくなります。
金属アレルギーが気になる人でも安心して使用できます。目立ちにくいだけでなく、矯正する力も安定しているので矯正期間が短いというメリットも。


セラミックブラケットのデメリット

デメリットはあまりありませんが、費用が高いこと(後述)ですね。
他にもメタルブラケットより強度が弱かったり、着色の心配が発生します。


セラミックブラケットを使ってみて

私は大人からの矯正で人と話す仕事をしているので、目立ちにくいブラケットを選択しました。
インターネットで調べていると人目に触れる場合、メタルブラケットはあまり評判が良くないと聞いたので…。

それをカウンセリング時に伝えると、医師から、「今はほとんどセラミックだね。メタルより新しいから、こっちのほうが動きやすかったりするんだよね」と言われたのを覚えています。

セラミックブラケット 感想


気になる費用ですが、セラミックブラケットは約70万円でした。
ちなみにメタルブラケットでの矯正は約60万円で、10万円ほどの差があるようです。

でも、それくらいの差で目立ちにくいほうを選べるのなら、安いと思いませんか?
セラミックブラケット(歯にひとつひとつ付けるもの)は透明ですが、ワイヤーは金属のものです。普通に話している分にはあまり気づかれずに済みましたね。

また、着色の問題ですが、全くといっていいほど気になりませんでした。
カレーとか食べても黄ばんだりしなかったので大丈夫でした。

流石に2年間ずっと付けているので、多少の色素沈着はありましたが…。

セラミックブラケット 黄ばみ


それでも、少し黄色くなる程度で、目立つほどではないと思います。
染まりやすいカレーやトマト系の食べ物はよく食べましたが、気にするほどではないので安心して食べて大丈夫です。

参考:抜かない矯正の最新知識 短期非抜歯矯正からマウスピ-ス矯正まで

今はブラケットやワイヤーの種類が多彩なので、自分のライフスタイルに合った装置を探してみてくださいね。
ただ、変わった装置は扱っていないところも多いので、ホームページで調べたり、カウンセリング時に相談することが大切です。


腕の良い歯列矯正の歯医者を選ぶなら情報共有できる口コミから調べると地元の良い歯医者さんが探せるので、良いかと思います。

腕の良い歯列矯正の歯医者